葉酸の所要量と許容上限摂取量

葉酸

葉酸は不足するのも問題ですが、サプリメントなどであまりに摂りすぎても吐き気などの副作用が現れてくる場合が稀にあり、注意が必要です。

と言っても葉酸自体は薬ではないので「副作用」と呼べるかはわかりません。

普段の食べ物だけでは基本的に過度な摂取になることもないと思います。

そこで葉酸の一日の必要量と、摂取上限量をよく知っておきましょう。

安全に葉酸を飲むために用量をチェック!

健康な男女であれば、葉酸は一日200マイクログラムも摂取すれば、十分です。

野菜類や魚類、肉のレバーなどを摂ればこれくらいは補えるので、特に意識する必要もありません。

ただ、女性で貧血に悩まされている人は、より多くの量を摂っておきましょう。

妊娠中の女性には、大体400マイクログラムの葉酸が必要です。

一日にこれだけの量を摂ろうと思うと意外に大変で、食材からの補給にはほとんど無理があると考えた方がいいかと思われます。

サプリメントならば2錠程度で補えるので、試してみる価値アリです。

さて、摂取上限量は、およそ1000マイクログラムです。

これ以上を摂ってしまうと体の中で葉酸が過剰気味になり、吐き気・頭痛や眠気が出てきます。

もっとも、葉酸は水溶性のビタミンなので、そこまで深刻にとらえることはありません。一日もすれば消える症状です。

ただし、毎日過剰に摂りすぎると、特に妊娠後期には赤ん坊に喘息が発生するリスクが伴うので、慎重に自己管理してください。

特に気をつけたいのは脂溶性のビタミンと呼ばれるもの。例としてはビタミンAなどがその脂溶性ビタミンにあたります。過度な摂取でなければ基本的に安全な成分です。

摂取する量さえコントロールすれば、葉酸はあなたの未来をきっと明るくしてくれます。