葉酸の働きと効果について

妊婦

妊娠前・妊娠中の摂取が勧められているビタミンB群の一種の葉酸ですが、その効果には一般的に知られている「赤ん坊の脊椎の異常を防ぐ」だけでなく、様々なものがあります。

基本的には女性が摂取するものですが、最近では妊活中の男性が摂取するのも良いとされている成分です。

あまり知られていない葉酸の効果について迫っていきます。

赤ん坊を迎えいれやすい体を作る

葉酸の働きとしてもっとも有名なのは、生まれてくる赤ん坊を先天性の脊髄異常から防ぐというものでしょう。

神経管閉鎖障害などの発生リスクを軽減させるというのは厚生労働省も認めており、そのため妊娠する前の妊活からの葉酸の摂取を推奨しています。

ただし、これはあくまで効果の一部でしかありません。たとえば葉酸には、実は造血の役割もあります。

新鮮な血液を作るためには鉄分だけでなく葉酸も不可欠。ビタミンB12と葉酸の相性も抜群のため、一緒に摂取することでさらに造血作用が高まります。
※ビタミンB12だけでなくビタミンB群はそれぞれの相性が良く、一緒に摂取することで相乗効果も発揮されるため、おすすめの水溶性ビタミンです。

潤沢な血液は子宮内膜の厚みを豊かにし、赤ん坊を迎えやすい体を作ることにも繋がるため、不妊で悩む方にもおすすめです。

さらには、その高い造血作用は貧血で悩まれている女性にも救いの手を差し伸べてくれるのです。

また男性が葉酸を摂取すると、精子の染色体異常が防げるという話もあります。

夫婦で摂取すれば、ママ自身も、生まれてくる子どもも健康になること間違いなしの成分です。

出産後も授乳に多くの血液を使用するため、産後も摂取すべき栄養素と言えます。

厚生労働省もその摂取を推奨し、母子手帳にもその旨が書かれている事実です。

しかし、普段からの食生活や食材からの摂取はなかなか難しいので、最近では葉酸サプリメントなどで摂ることが常識となりつつあります。

市販されている葉酸サプリには、葉酸以外にもビタミンEやカルシウム、鉄といった魅力的な成分が含まれたサプリも多いので、夫婦で探してみてはいかがですか?